子どもの発想力が商品に?!Springin’とは?

おもちゃ
うささん
昔から図工の授業がめっちゃ苦手。

こんにちは。
うささんです。

みなさんは子どもの発想力に驚いたことはありませんか?

保育所でも、イベントでも子どもたちと絵を描いて
遊んだりする機会がたくさんありますが
本当に驚くような発想がたくさん生まれてきて
大人たちが驚いている様子をみることもしばしば。

今日はそんな子どもたちの発想がゲームに?!
アプリが本日アップデートにより無料で全機能を使えることになったという
情報が入って来たので紹介したいと思います。

 

Spiringin’とは?

 

株式会社しくみデザインが開発するコーディングなしで誰でも簡単に「アプリ」がつくれるビジュアルプログラミングアプリケーション。iOS10以上に対応。自分で描いた絵や写真を使ったアイテムに、簡単な操作「属性(性格)」や「関係性」を持たせ、それらを組み合わせていくことでゲームや絵本など自分だけのオリジナル作品を創り出すことができる。2017年1月のリリース後も創造するための環境づくりのためにアップデートを続けている。

(公式HPより抜粋)

 

 

ただ描いて残すだけでも子どもたちにとっては思い出になりますが
それが商品化されるとなるとさらなる想像力や創造力を刺激すること間違いなし!
もしかしたら親御さんの方がはまってしまうかもしれません…?!

開発者の代表、中村様は「世界中の人達をクリエイターにしたいという想い」のもと
このアプリを開発されたそうです。

どんな仕組み?

このアプリの中では
コインを使用してゲームを遊ぶことができます。
また、初めてのログインで1000コインをもらうことができますので
10ゲーム何もせず遊ぶことが可能です。

そして、自分で作ったものを発信し、誰かが遊んでくれることで
自分たちの元にもコインが入ってきます。

いわば、ゲーム内の中で仮想マーケットを楽しむことができるのです。

早速ダウンロードしてみた

 

理屈はさておき、やってみよう!ということで早速ダウンロード。

他の人が作ったやつを遊べたり自分たちで作ったりすることができます。

他の人のゲームで遊びながら
自分たちはどんなのにしようか考えます。

さて、なんとなく主旨がわかったところで自分たちのゲームを
作ってみます。

絵を描くのはペンではなく手でも何不自由なく描くことができます。

そして次は描いた絵に機能をつけます。
重力だったり跳ね返りだったりすごく種類豊富!
薄いコピーが動いたりもするので
シューティングゲームなんかも作れそうです!

あとは配置して、再生確認をするだけ!
すごく簡単にできちゃいました!

 

やり方がわかったので自作の、
ラブキャッチゲーム(めっちゃダサい)を作って行きます。

 

ピンクのハートに入らないように男女二人がオレンジのハートに
入るというゲームです。

考え方が安直だと言われましたが私は負けません。
めっちゃダサいけど真剣に15分くらい悩んだ。

女性がめっちゃでかいですね。
昆虫の世界みたいです。

早速動かしてみると…

無事動きました!!
やったー!!!

でも入れるの難しすぎる…
完全なる計算不足…

 

絵の不得意さと計画性のなさが全面に出てしまいましたが
簡単にゲームができちゃいました!
公式HPには使い方の動画や、
ゲームの作り方の動画まで色々載っていますので
ぜひ参考にしてみてくださいね!

ダウンロードはこちら

自分たちで何かを作る達成感を

今の子どもたちは自分たちで何かをつくり出さなくても
たくさんのゲームや機会が用意されています。

しかし、自分たちで0から物事を作ることは
これからの社会では必要不可欠な力です。

このゲームではそういった「創造力」や「自主性」、そして
自分が思ったものを形にし、誰かに評価される「達成感」
味わうことができると思います。

また、親御さんも共に楽しめるような内容になっていますので
ぜひ力を合わせてゲームを作ってみてもらいたいなと思います。

一緒に何かを達成することは親子の絆を深め
子どもにとってもとても良い思い出となり得るのです。

うささん
私が作った駄作もぜひ探してみてください!(笑)

それでは!

OYACOFACTORY CEO。

子どもの頃から母親の影響で目指し続けた「保育士」の夢を叶えると同時に
「子どもを幸せにしたいけど、子どもだけじゃなくて保護者の方も幸せにする方法はないか」
を考えるようになり、起業。「親子の境界線を無くそう」をモットーに現在事業展開中。